FC2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

憲法改正論議に感じる違和感 

憲法改正論議に感じる違和感

参議院選挙の争点の一つである憲法改正論議について
個人的に、現憲法の改正は必要ではと思って来ました。

第九条の条文
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
1.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

それも、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の部分について

こう書くと、戦争賛成!と取られるかもしれませんが、私は戦争反対です!
この点は大前提とします。

憲法改正の論議は、この点を話し合うのか?争点とするのかと思っていたら
改正を行う為の議決権を改正しようという話なのは、何故なのか?と思ってしまいます。

先ず、憲法を改正しやすくしましょうというのでは無く、本質的に現代社会にそぐわなく
成った、第九条の国の交戦権を認めない、陸海空軍を持たないと言う部分です。

今、日本を取り巻く環境を見た場合
第二次世界大戦後、世界のスーパー大国だったアメリカ合衆国の庇護のもと経済を優先することで
大国と成った日本、その後アメリカはスーパー大国ではなく成り、大国となり、日本を守ると言う
事が、重荷になり始め、中国が台頭し、イラン、北朝鮮の核開発、アラブ諸国の混乱などで、日本を
見ている余裕が無くなり始めました。

そんな中、アメリカの要望と言う形と世界への貢献という中、自衛隊が世界へ出る事に成りました。

自衛隊には交戦権が有りません、自衛権のみです。
友軍である、アメリカ軍が発砲されても、自衛隊は援護出来ません。
でも、自衛隊は発砲されたら、自衛の為に反撃は出来ます。もちろん、その際は友軍である
アメリカ軍は援護するハズ!です。

ここんとこ!おかしくないですか?
友軍が叩かれたら、隣にいる友好国であり、同盟を結んでいる軍隊が手助けできないなんて?

例えば、アフガンで、イギリス軍やドイツ軍が、タリバンから攻撃を受けたら、近隣のカナダ軍や
フランス軍は救援に向かい、交戦します。
もし(自衛隊はアフガンには居ませんが)、自衛隊がこの場にいたとしたら、何も出来ないし、逆に
回りの国に助けて!と言う事になります。
私は、これは変だと思います。

日本人である、自衛隊員の方の命を粗末に考えたく有りません。
でも、隣に助けを求める友人がいて、それを助ける事が出来ない何て?

アフガンには色々な主張があり、西側諸国が介入した事に対して、私は違和感を持ちますが、国際協調
という意味では、各国が耐テロ対策として派兵しているなら、日本も同様に出ることが必要なのではと
考えます。

アラビア海での海賊対策でも、同様の話が有ります。
日本の商船が狙われた時、近海にいたスペイン海軍が助けに急行して、事無きを得ました。
もし、これがスペインの商船がSOSを発信し、間近にいた、自衛艦はどう行動できるか?

多分、自衛艦の艦長は自分の判断として、急行し商船と海賊船との間に割って入り、ワザと海賊船から
自衛艦に対して発砲させて、自衛権を発動すると言う対応に成るでしょう。

この時、要らぬ損害が発生する可能性が有ります。(これこそ自衛隊隊員の命を軽視していると思う)
同盟国を守るという事が出来、自衛権と交戦権が有れば、自衛艦は急行しながら海賊船に対して威嚇発砲
なりを加え、蹴散らす事が出来ます。

今、この国は世界の中に有ります。
アメリカだけが友好国では有りません。

何時まで、アメリカが日本を助ける事が出来るか?

もし、出来なく成った時、日本はどうするのか?
中国、韓国との国境紛争が現実を見始めた今、この交戦権については、本当に考えなくてはと思います。

戦争反対!と叫ぶのは簡単です。
戦争を回避するには?
中国が今、日本に対してプレッシャーを掛けるのは、アメリカと日本の関係性に変化が有るからです。
韓国が今、日本に対して対話を求めて来ないのも、アメリカと日本の関係が変わり始め、アメリカに
変わって、中国との友好を重視し始めた韓国の思惑だと思います。

将来、アメリカが朝鮮半島から撤退した際、韓国は中国に助力を求め、中国と韓国間で同盟を結び
耐北朝鮮への圧力と後ろ盾を作るでしょう。
そして、日本に対しては中国、韓国が連携して過去の精算だとか、領土問題の解決だ!等と言い出すでしょう。
そうなる前に、日本とし自立した国防を考えなければと思います。

韓国も今かなりの勢いで、軍拡をしています。
中距離射程のミサイルや強襲揚陸艦の建造、F-15戦闘機(攻撃機)を増強しています。
これらは、対北向けには必要なのか?というものです、全て、本来アメリカ軍が持っており、国防という
だけでは、韓国軍には不必要なモノを装備しています。
見ている先が、北ではなく、南だからでは?

中国はどうか? 戦略原子力潜水艦や空母、揚陸艦に艦上戦闘機やステルス機の導入に意欲的で
宇宙軍まで創設しています。
対アメリカ、対日本むけなのは誰が見ても分かるのでは?

日本の装備は、防衛用としての物ばかり、これでは一方的に攻め込まれるだけです。
今まで、アメリカ軍が敵を叩き、日本は防衛に専念するという図式が成り立っていましたが、韓国軍が
将来を見据えて、攻撃兵器を装備するように、日本も必要最低限の攻撃兵器を装備する必要があると
考えます。

その為にも、憲法を真剣に考えて改正をして欲しいと思います。

日本は法治国家です。
エジプトの様に、軍によるクーデターで政権を取っ替えて、自分達の意見を押し通す様な国では無いし、
それを良しとする国民では無いと思います。

この意見に対しても、異論はあると思います、当然です。それを論議出来る事が平和であり、民主主義
なんだと思います。

今回の選挙で参議院で、自民党が過半数を占めた時、この論議は出来るのでしょうか?
数の力だけで、話しを勧められては困りますね!
今の、憲法論議は数で解決する問題ではなく、論議を尽くす事だと思います。

未来に起こるかもしれない、極東アジア地域での戦争の時、日本はどういう位置に立つべきか?
起こらないことを願いますが、なんともキナ臭い感じになり始めた感じがします。

憲法を改正して、自衛隊を国防軍にして、せめてフランス軍の様な攻守のバランスを持った軍隊にしたら?

戦争を抑止出来るのかも?知れませんし、これが引き金になって戦争に成るのかもしれません。

私には未来は予測出来ませんが、今のままの自衛隊では、この国際社会では通用しない時代になった
事だけは、明確なのではと思います。

法治国家として、法に基づいた自衛隊なり国防軍を作る必要があると思うこの頃です。
違憲状態の衆議院議員さん達に、憲法改正されては、その憲法自体が違憲になってしまいますね!

先ずは、違憲状態の衆議院の解散と選挙制度の改革が先なのかな?
今の状態では、憲法改正何て出来ない話ですね

こっちの方が大きな問題かも?
困ったね!全く 

TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ
『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場


次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

category: 時事、政治経済系

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2013/07/05 Fri. 11:50  edit  |  tb: --  cm: --