FC2ブログ
11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Nゲージ鉄道模型 TOMIX製HG仕様 キハ52 逆起電流 ヘッドライトチラつき軽減策をテストする その2 

Nゲージ鉄道模型 TOMIX製HG仕様 キハ52 逆起電流 ヘッドライトチラつき軽減策をテストする その2

先日テストしました、TOMIX製キハ52ですが、モーター接点部にコンデンサのみを入れる
場合、短絡(ショート)の危険性がありますので、抵抗器を入れて保護する方向にしたいと
思います。
前回のテストの様子 リンク
OLY35969_R.jpg
この回路をスナバ回路とか云うそうです。
以前、鉄コレのED5060にて、採用しようとテストした回路構成です。
スナバ回路を検証するにて、ご紹介した構成です。
スナバ回路付きヘッドライトユニット
上記の図は、鉄コレの動力車に取り付ける時に書いた参考図ですので、今回のキハ52用では
有りません、スナバ回路の参考として見てください。
今回、このキハ52に、モーター右側に書いてある抵抗とコンデンサを直列に組んだ部分を
挿入して、逆起電流のノイズを取りたいと考えます。

前回のテストで、コンデンサ容量を変えて、走行テストを行った際、1μFにすると動力としては暴走
しましたが、LEDライトとしては、逆起電流による点滅は発生していない様に見えました。
発生しているとしても、他の容量に比べてかなり低減できていると考えます。

その為、コンデンサ容量は1μFとして、抵抗値を可変して実装テストして見たいと考えます。
OLY65990_R.jpg
抵抗値は100Ω 300Ω 560Ωを用意
OLY65991_R.jpg
そせぞれ1μFのコンデンサに抵抗器をハンダ付けしたユニットを作成します。
OLY65992_R.jpg
ライトユニットのモーター給電部分に取り付けます、これがスナバ回路に成ります。
OLY65993_R.jpg
コンデンサ容量1μFと抵抗値560Ωでテスト 停車時の常点灯は問題ありません。
走行させると点滅が発生します。
次に抵抗値を変えます。
OLY65995_R.jpg
抵抗器を300Ωに若干点滅が少なくなった。
OLY65998_R.jpg
抵抗器を100Ωに、かなりチラつきが減りました。
個人的には、これくらいまで出来れば十分と判断します。
抵抗器も100Ω以下のモノを持ちあわせていませんので、今回は100Ωにて決定します。
【抵抗器を組み合わせて、合成抵抗でより小さい容量も出来ますが、今回はここまでとします。】
OLY66000_R.jpg
ボディを載せると殆どチラつきが分からなく成りました。
上記の内容の動画は次の通りです。


今回のテストから、TOMIX製の単行の車両に関しては、このスナバ回路を取り付けていきたいと考えます。



Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場   【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい! TAMIYA SHOP ONLINE  鉄道模型 ホビーサーチ キャラ&ホビー格安あみあみ 『駿河屋』 フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

category: 前照灯常点灯逆起電流対策

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2015/01/17 Sat. 12:00  edit  |  tb: --  cm: --