07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Nゲージ鉄道模型 KATO製機関車 常点灯化対応時、逆起電力チラツキ対策としてコンデンサー容量を変更する その3 

Nゲージ鉄道模型 KATO製機関車 常点灯化対応時、逆起電力チラツキ対策としてコンデンサー容量を変更する その3

先日テストいたしました、KATO製機関車 常点灯化に対して、コンデンサーの容量を下げる
事を行い、前回は0.033μFにてテストを行いました。
その後、にゃいっちぃと赤い電車(Panda NEKO No.1 ブログ)さんから、テスト用のコンデンサーを
分けていただくことになり、そちらが届きましたので、容量を変えてテストいたしました。

車両は前回と同じ、KATO製EF65 500 チップLEDライト基板を用いた仕様の製品です。
OLY65643_R.jpg
先ずは、0.022μFです。こちらは前回の0.033μFと同様に、停止時、ライト点灯しますが、チラチキも
発生します。0.033μF時よりチラツキの輝度が大きく感じます。
OLY65645_R.jpg
0.1μF こちらは停止しての点灯が出来ませんでした。寄って0.1μFでは無理との結論に
OLY65647_R.jpg
0.047μF  Panda NEKO No.1さんも、この容量が最適では?とのお話が有りました通り
停止時に点灯良好、走行時もチラツキがほぼ確認できないレベルに成りました。
OLY65649_R.jpg
ボディを載せて走行等、数十分ですが、ライト点灯状態、走行をさせましたが、発熱等の
異常も無く問題ないと考えます。

ただ、個人的な感想と私の環境下での問題かもしれませんが、停止時のコントローラーの調整
が微妙です。少し動くと直ぐに動き出したり、ライトが消えたりします。
前回の0.033μFの際は、そんな印象が無かったので、多分0.047μFの方が、コントロールをシビア
に見る必要が有ると感じます。
私としては、遊ぶなら0.033μFの方が、コントローラーの遊びがあって使いやすいと感じました。
出来れば、この0.033μFと0.047μFの中間の0.04μF程度が良いのかもしれませんね~

もう一つの砲弾型LEDの車両の場合は0.047μF程度の方が良いと思いますので、こちらは、また
時間を見て検証して見たいと思います。

検証の動画はこちらにて


最後に、Panda NEKO No.1さん この度は色々とご教授とコンデンサーを分けて頂きまして
有難う御座いました。
とても面白く実験が出来たと思います。
今後共、よろしくお願い致します。



Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場   【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい! TAMIYA SHOP ONLINE  鉄道模型 ホビーサーチ キャラ&ホビー格安あみあみ 『駿河屋』 フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: 前照灯常点灯逆起電流対策

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/12/27 Sat. 17:00  edit  |  tb: --  cm: --