FC2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

当ブログ内容及び工作記事等を参考にしていただく際のご注意とお願いについて 

当ブログ内容及び工作記事等を参考にしていただく際のご注意とお願いについて

平素は、当ブログを閲覧いただきまして有難うございます。

本日は、改めてお願いが御座います。

当ブログでは、ラジコン、鉄道模型等に関して、改造等を実施し、それを公開させて
頂いております。
今後も、このような形で継続をして参りますが、その上で改めてご注意とお願いを
書かせて頂きます。

改造に関しまして
改造は自己責任にて実施しております。
メーカー等への問い合わせや苦情は行わないで下さい。

改造に用いているものについて
メーカー推奨のオプション品に頼らず、ホームセンターや100円均一ショップで、
使えそうなものをアレンジして楽しんでおります。
その為、メーカーの保証や修理の対象には成らなくなります。

事故や故障について
改造に伴う、事故や故障について、当方は一切関知いたしません。
自己責任にてお願い致します。

改造の内容について
ブログという性格上、日々更新をしておりますので、改造内容が変わることが
あります。
また、実験的な要素として、実施している内容もあり、後日検証の結果
改造内容を破棄したり、変更することが有ります。
改造時に設定した、内容のモノを予告無しに変更する場合も有ります。
【特に、電気系の抵抗値やコンデンサーの静電容量など、実験の上取り付けて
いますので、作業の初めと終わりでは異なる場合が発生します。】

電気関係について
鉄道模型関係にて、配線の変更やメーカー品とは異なる製品を使用して
おり、それにより予期しない事故等が発生する場合が有ります。
抵抗や結線不良に伴い、異常な発熱や発火の可能性も有りますので、
電気系統の改造の際は十分に注意をお願いします。

半田作業について
火傷等の怪我の可能性に注意して下さい。
半田作業中は、高温の半田に注意し席を離れない、離席する場合は半田ゴテの
通電を止め、安全を確保した上で離れて下さい。
半田ごての付近に可燃性のモノを置かないようにお願いします。
【テッシュ等簡単に発火します、また、プラ製品等も熱変形します。】

改造、その他当ブログの掲載内容について
最も重要ですが、このブログの内容について、個人的な見解のもとで掲載をして
おります。
内容に不備や不具合がある場合も御座いますので、全てが正しいとは思わず、
自己の責任において、内容を精査の上、参考にして戴けますようお願い致します。

全ての内容を精査した上で掲載している訳では御座いませんので、この点ご理解を
お願い致します。

このブログに載せているモノ全てについて、正しく認識し掲載していない物も有るかと
思います。
フィギュア関係については、実際にそのキャラクターが出ているアニメや映画、ゲームを
知らずに購入し、流用したりして居ります。
その為、キャラクターの名称や使用している物についても適当に掲載している場合も
ありますが、その辺は適当に流して下さい。
【フィギュア好きの方には申し訳ありませんが、個人的にキャラ設定など詳しくありません、
その為、キャラにそぐわなかったり、名称、所持物が異なるなどのご指摘が有りますが、
済みませんが、その辺は当ブログのお遊びとして流して戴けますようお願い致します。】

以上、ご注意とお願いとさせて頂きます。


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

category: ブログ ご挨拶

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/19 Sun. 10:50  edit  |  tb: --  cm: -- 

Nゲージ鉄道模型 KATO製機関車の常点灯化と問題点 

KATO製機関車の常点灯化と問題点

KATO製機関車をTOMIX製常点灯対応コントローラーで走行させた場合
走行は楽しめますが、停車時にヘッドライトが点灯しません。
TOMIXの機関車で常点灯対応車両は点灯します。

KATO製機関車で、常点灯を楽しもうと思った場合、機関車内部の基板に
実装されているコンデンサー部品を取り除く必要に迫られます。

コンデンサーの除去自体は、ハンダこてと半田吸い取りを使えば簡単に
作業が行えるので、そんなに大した作業とは思いません。

この作業を行った後の走行時に、走行方向と反対側のヘッドライトが
チラチラと点灯したり、ボウーと点灯する自体になることがあり、これが
今まで、私自身として気になり、KATO製機関車を常点灯化して来なかった
理由の一つです。
もう一つの理由は単に、所有車両が多くて全てを実施するのが面倒だった!
という点です。
まあ、この点に関しては暇な時にボチボチすればいいだけの話ですが、
先に記述した、走行時と反対側のライトが点滅する事の方が、個人的に
嫌な事が大きいです。

TOMIX製ディーゼルカーのキハ52など単行運転で楽しむ車両に於いても
同様の現象が発生します。
単行列車ですので、進行方向から眺めて、目の前を通り過ぎた後、後方
を見ると、ライトがチカチカとします。【結構、興ざめしますね コレなら
常点灯は要らないかなと思ってしまいます。個人的に停止状態ではなく、
走行しているシーンを楽しみたいので】
TOMIXの車両取扱説明の中に、同様の現象が発生するが、これはレール
等の整備の問題と書かれていますが、色々と調べるとモーターからの逆流
電流による症状とあります。

この対策として、鉄道模型愛好家の方が色々と取り組まれていますが、
なかなかコレが最善の方法と言うのは見つかっていない様です。
その中でも、今は大まかに2つの方法が提唱されています。

一つの方法として、基板上、左右のライト部分後方に並列でコンデンサー
と抵抗を入れればいいという方法

もう一つとして、スナバ回路というモノ、これもコンデンサーと抵抗を
基板上のレールからの取り入れ付近に挿入するという方法の二種類が
あると分かりました。

個人的に、小さい基板上に並列回路を左右に2つ入れるのは、面倒すぎて
また、対象となる車両数を考えると、これの採用はしたくありません。
一方、スナバ回路の方は一つの回路をレール間(両極)に近い位置並列で
入れれば良いという方法ですので、コレは一度実地テストをしてみても
良いのではと考えています。

ただ、この方法も抵抗値とコンデンサーの静電容量が確定されているのでは
なく、また、採用する車両に寄っても容量が異なるケースがあるとの
記載が有りますので、一筋縄でエイヤッって訳には行かないようです。

まあ、簡単に解決出来れば、それに越したことは有りませんが、色々と試して
見るのは面白いかもしれません。
OLY54350_R_20141017150347f31.jpg
【テスト作業中の鉄コレED5060 これを改善したいですね】
現在、作業を止めている鉄コレ東武ED5060が有りますので、この車両に
このスナバ回路を組み込んだ、ヘッドライトユニットを取り付けられないか?
と思案中です。

ただ、あまりにも作業が煩雑で時間と手間が掛かり過ぎるようであれば、
常点灯化は辞めても良いかなと思います。
それだけの手間を掛けるので有れば、KATOの常点灯コントローラーを購入
した方が、後方のチラツキは残るものの、コンデンサーの除去を100両も
するよりコストパフォーマンス的にも良いと考えますので。

この辺は、ケース・バイ・ケースだと思います。

一度、先に書いた車両でテストをしてみた結果次第で、今後の方向を考えて
見たいと思います。




送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
関連記事
web拍手 by FC2

category: 前照灯常点灯逆起電流対策

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/19 Sun. 12:00  edit  |  tb: --  cm: --