FC2ブログ
01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

MicroAce 京阪800系落成時タイプ 自作テープLED室内灯取り付けと遮光作業 

MicroAce 京阪800系落成時タイプ 自作テープLED室内灯取り付けと遮光作業

京阪800系落成時タイプもテープLEDと遮光作業を新シンボル車と同じ形で
実施しました。

手慣れましたので、4両に組み込むのに1時間半程でした(笑)
結構疲れます。
OLY54637_R.jpg
OLY54638_R.jpg
OLY54639_R.jpg
OLY54640_R.jpg
真っ暗な中に、室内灯を点けるとアラが目立ちますね~
この対処はするかどうか?ある程度の光源の下だと目立ちませんしね~
これでも良いかな(笑)
でも、常点灯させて停車させているのは良いですね

これを見るとKATOの機関車のヘッドライトもどうにかしないとなと思ってしまいますが・・・

まあ、そちらはまた暇を見て・・・やろうかな?
でも、数がね~






送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
web拍手 by FC2

category: 自作 Nゲージ室内灯 LED

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/28 Tue. 12:00  edit  |  tb: --  cm: -- 

MicroAce 京阪800系新シンボルマーク 自作テープLED室内灯取り付けと遮光作業 

MicroAce 京阪800系新シンボルマーク 自作テープLED室内灯取り付けと遮光作業

MicroAceの京阪800系に室内灯を取り付けたいと思います。
ただ、先日の入線記事で書かせていただい通り、ボディの樹脂の肉厚が
薄く、車体色も淡いブルーの為、中にLEDを入れると、光がボディを透過して
しまい、まるで提灯の様になってしまいます。
その対策も含めて実施したいと思います。
OLY54613_R.jpg
今回もテープLEDを使用します。
5m300灯タイプの白色を最小ユニットの5cmで、ボディ全長には短いですが、
10cmでは長すぎて使えません、もう一つの5m600灯であれば7.5cmで切断も
可能ですが、室内が明るくなりすぎて、遮光が追いつかない可能性もあるため
寸法が短いですが、こちらを使用します。
ユニット構成は従来と同じく、ブリッジダイオードと10μFのコンデンサーの組み合わせ
です。
OLY54614_R.jpg
今回は天井に貼り付けるのではなく、TOMIXタイプのバネにしますので、テープ
LEDにプラ板を貼ります。
OLY54621_R.jpg
OLY54615_R.jpg
車体に取り付けての発光テスト、車体に対して短いですが・・・今回は遮光に
問題があるので、コレでよしとします。
OLY54616_R.jpg
OLY54617_R.jpg
ボディを載せてみます。周りが明るいと問題ないようですが
OLY54618_R.jpg
OLY54619_R.jpg
OLY54620_R.jpg
周りを暗くすると、この通りです。提灯か行灯の様です。
これではねー
OLY54622_R.jpg
100均で購入しているアルミテープを使います、これ便利ですよ!
OLY54623_R.jpg
車体長にあわせて切ります。
OLY54624_R.jpg
OLY54625_R.jpg
内側がシワにならないように貼ります。
OLY54626_R.jpg
窓部分のアルミテープを切り取り、窓パーツを戻しテープLEDを載せ、ボディを
戻します。
OLY54627_R.jpg
試作一両目 屋根の境目の部分も問題ですね
OLY54628_R.jpg
二台目 少し範囲を広げました。 周りが真っ暗だとアラがありますね
OLY54629_R.jpg
OLY54630_R.jpg
少し周りを明るくすれば、この程度なら・・・全車両に導入します。
後々できれば気になる部分は色を入れます。側面に広範囲の色塗りはマダラに
なると怖いですが、この程度の狭い範囲なら銀色の色差しでなんとかなると思いますので
OLY54634_R.jpg
車幅灯、中央の照明に近い部分は綺麗に導光しています。車端側は少しシンドそうです。
OLY54635_R.jpg
OLY54631_R.jpg
4両全部に遮光の為アルミテープを貼りました。かなり手間取りますね~
小さいですからねー
OLY54632_R.jpg
OLY54633_R.jpg
アルミテープが貼れない箇所は色差しが必要ですね
それは今後の課題とします。
もう1編成も作業をしなければなりませんので・・・
ただ、ここまで出来れば後はもう少しのことですし。

さて、今回の京阪800系ですが、MicroAceの技術陣は苦労したんでしょうね~
出来れば、もう少し遮光を考慮して欲しい!と言いたいところですが、新設計
の動力車や小さい車輪など、この京阪800用に手間暇を掛けている事を考えると
コスト的に妥協点が、この辺だったんでしょうね!
もっとお金を掛ければ、遮光も出来るでしょうが、その結果販売価格が4両で
2万とかなれば、先ず買いませんね~
今回、量販店であれば12000円くらいですから、この金額ならなんとか手にしたい
アイテムですからね
まして、特定地域向けの様な車両ですので、国鉄やJR車両の様な販売本数も
見込めない中とあって、この価格で、この出来で有れば私としては嬉しい製品です。

室内灯を入れる事が出来る車両で、この光漏れは?とは思いますが、入れなければ
問題は無いわけで、入れて楽しみたい人は、自分で工夫して下さい!みたいな感じ
ですね(笑)

個人的に模型ですので、メーカーが基本的な造形のモノを出してくれて、後は自分で
自分好みの物に仕上げるのが楽しいと考えていますので、今回のこのモデルに関して
遮光が出来ていない!とメーカーにクレームを入れる気にはなりません。
むしろ、面白いやん!って思いましたので(笑)

最近、鉄道模型を楽しむ裾野が広がり、模型の楽しみ方も広がりましたので、
中には、メーカー品をそのまま楽しむ人もおり、一切手を入れない(入れられない)人
も多くなり、こういう製品だとメーカーにクレームをつける方も居るようですが、
出来れば、そういうのは控えて欲しいです。
次回の再生産なりで、対応されれば嬉しいですが、あまりにも無理な要望を言うと
それこそ開発費や回収コストを考えれば、今のような価格ではリリースされなく
なり、模型そのものを楽しめなくなる可能性が有ります。

工業製品ですから、コストのバランスが大切な部分ですので、ある程度はユーザー側
の努力で模型を自分の物にして欲しいと思います。

今年のKATOのDD16のカプラーの件も、実用上は問題無いわけで、ちょっと腕の
ある人なら解決出来ますし、また、そのまま使っても通常の使用では不具合も
発生しませんでした。
今回の京阪800系に関しても、ちょっとなぁとは思いますが、このくらいは自分で
なんとかしてみるのも、模型の楽しみ方だと思いますので、メーカーにはクレーム
出はなく、要望として遮光対策も考えて欲しいと伝えるくらいにして下さい。

私は、別段メーカーに連絡するつもりも有りませんが(笑)
いろいろ対策を考えて、実践してみるのが面白いので・・・
私は、これはこれで楽しんでいますので!

さて、後4両もアルミテープ貼りましょうか・・・・ 今日も夜中までかな・・・




送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
web拍手 by FC2

category: 自作 Nゲージ室内灯 LED

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/26 Sun. 12:00  edit  |  tb: --  cm: -- 

Nゲージ鉄道模型 テープLEDを使用した自作室内灯ユニットの作り方と消費電力について 

Nゲージ鉄道模型 テープLEDを使用した自作室内灯ユニットの作り方と消費電力について

【これらの内容に付きましても、現在、クローゼットの中の鉄道模型にて掲載を行っています。
Nゲージ鉄道模型用 自作テープLED室内灯の作り方 その1【2016.08追記】
現在は、上記リンクの記事を参考にして下さい
自作室内灯の作り方
自作 Nゲージ室内灯 車両別
PWM方式常点灯化とライト点滅対策

などなど、新規の内容も多くございますので、こちらにて閲覧をお願いたします。】

【工作記事です、作業は自己責任でお願いします】
鉄道模型を楽しんでいる中で、一つは夜景を楽しむと言うのがあります。
フロア運転の殺風景な畳や床板の上でも、ライトを消して走らせると雰囲気が
ガラッと変わります。
その際に必要になるのが室内灯です。
今では、メーカーは勿論、各サプライヤーが室内灯ユニットとして、色々と販売を
されていますが、大抵が高価な製品に成ります。
一両のみを入れるのであれば、メーカー品なりを使用すれば簡単に、比較的
安く組めますが、大量に導入すると考えた場合一編成10両とすると、室内灯
ユニットだけで、小編成の車両セットや機関車が買える様なお値段になって
しまいます。
ましてや、色々な編成を複数所有しているとなると、全ての車両に室内灯を
導入するのは、困難な状況になると思います。
もっとも、金銭的に余裕が有れば、何ら問題ではありませんが!(^_^;)

そんな金銭的余裕が無い、私としてはなんとかして安くで室内灯を取り付けたいと
考えて、現在ではテープLEDを使って室内灯を組み込むようにしています。

この方法だと、一両当たり大体70円程度で組み込む事が出来ますので、メーカー
の室内灯ユニット1つ購入する値段で6~10両分くらいのユニットが作成出来ます。

そのテープLEDの構成としては、次のような構成に成ります。
室内灯ユニット
正式な回路図ではありませんし、画面の都合上かなり簡略化しています。
必要な物は、テープLED本体、ブリッジダイオード、セラミックコンデンサー、ハンダ、
銅板厚み0.1mmくらいとバネ又はポリ線が必要に成ります。

テープLEDは、私は現在Amazonで購入しています。
5mSMD300個タイプを使用しており、価格変動が有りますが600~1500円くらいです。

こちらで、現在は購入しています。基本的に5m300個付きで問題なく使用出来ます。
1ユニットは5cm単位でSMD3個に成ります
国鉄の戦後の電車やJRの新製車両の蛍光灯の白い色の場合は白色を、旧型客車やグリーン車の一部
は電球色タイプを選択しています。

もっと明るいタイプが欲しい方は5m600個付きもありますし、こちらの場合は
1ユニットが2.5cmで切断出来るので、短い車両の場合は、こちらの方が融通がききます。
【テープLED 1ユニット単位の消費電力は20mAと考えています。注意として
1ユニットの長さを考慮してください。5m300個の場合1ユニットの長さは5cm、
5m600個の場合は2.5cmです。車両に組み込む長さに寄って消費電力を
計算し、使用するパワーパックの消費電力に対応出来るか確認ください】
【製品の詳細はよく確認して下さいね、販売時期で異なる場合もあるかもしれないので】

ダイオード関係の部品については、エルパラさんマルツパーツ館さんを利用しています。
使用するパーツは
超小型ブリッジダイオード MB10M[5236]
GP075F106Z セラミックコンデンサ10μF[5245]
明るさを調整する場合もCRDか抵抗を付けます。
CRD E-153[3921] 15mAのCRD 他にも10mAなどあります。
以前テストした結果、現在はCRDも抵抗も使用していません、この辺はお好みで
取り付けてください、また、抵抗値などは何点かテストされるのも良いと思います。
OLY54331_R.jpg
最低限必要なユニットとしては、上の写真の通りです。
OLY54330_R.jpg
パーツは購入するとこんな感じです。
OLY54333_R.jpg
ブリッジダイオード、給電側にバネを入れて、これを車両側の給電部分と接触させます。
OLY54332_R.jpg
OLY54334_R.jpg
セラミックコンデンサー
各箇所に部品をハンダ付けして、パワーパックから給電して、点灯テストします。
給電テストワニ口
【パワーパックからワニ口で給電出来るように、一本作っておくと何かと便利です】
OLY54335_R.jpg
車両天井面に100均で売っているアルミテープを切って貼ります。光漏れ対策です。
OLY54339_R.jpg
OLY54338_R.jpg
この写真では、電球色タイプのテープLEDを使用しています。
車両側の給電部分はメーカー各社で異なりますので、その都度、銅板を切断して入れたり、
バネで給電したりと工夫しています。もともとの室内灯の給電部を使用しますので、メーカー
品の方法を参考にしてください。

今回、客車に取り付けましたが、電車なども同様の方法で取り付けが可能です。
287系3両
287系
225系
225系 5m600個のタイプを取り付けています。
JRの新製車両には明るいLEDが似合います。
14系テール
14系寝台特急 こちらは5m300個のタイプ
14系テール窓
窓枠から溢れる明かりが綺麗です。

過去に色々とテストしていますので、そちらも確認いただければと思います。
自作室内灯 カテゴリー リンク


自作テープ室内灯を取り付けた14系寝台特急さくらです。
TOMIXの常点灯対応パワーパックN1001CLにて運転しています。

テープLED室内灯を組み込んだ225系と287系です。
KATOのスタンダートSを使用しての運転です。(両方共に)

案外簡単にテープLEDは取付できますので、室内灯を取り付けを検討の方は
一度チャレンジされてはどうでしょうか?
室内灯が綺麗に灯っている列車は綺麗ですよ

尚、室内灯を利用する場合、走行に使用するパワーパックの定格電流を確認し、
その電流値以内でご使用になってください。
容量の小さいパワーパックでの長編成及び室内灯装備はパワーパックに負荷が掛かります。

5m300個タイプのテープLED 1ユニット/5cm=20mA 一両に2ユニット使用で40mA/一両
【5m600個のタイプも1ユニット当たりの消費電力は同じですが、使用するユニット数を考慮】

10両編成の場合
40mA×10両=400mA
ヘッドライト/テールライト(←は電球タイプで計算 LEDなら20mA×2=40mA程度)
60mA×2両=120mA
モーター
300mA×1両=300mA(最大)
合計820mA(0.82A)が最低必要です。【理論上です、実際には・・・ですが、一応は】

もし、5m600個タイプを使用し一両に4ユニット入れた場合、車両部分が倍となり
最低1220mAが必要となりますので、スタンダードSもN1001CLも使用出来ません。
この辺の計算方法はトミックスカタログ等を参考にして下さい。

まあ、余程の長編成、新幹線の16両編成への全車両室内灯取り付けなどを
考えている場合は容量計算は必要ですね
だだ、5m300個タイプを使用の場合は10両編成程度までで有ればスタンダードSで
遊べます、ただ折角の室内灯を装備するのであれば常点灯化は考慮したいですね!

最低限、室内灯を組み込んで遊ぶ場合は、パワーパックについてはKATO
スタンダードSの1A以上かTOMIXならN-1001CLの常点灯対応の1.2A程度がお勧めです。

現状、私のところでは、N1001CLを一台導入し、レイアウトやテスト線で使用しています。
古いパワーパックは付帯設備用の給電装置として、ポイントの切り替えやその他照明の
電源を取っています。
その為、走行専用のパワーパックとして利用できるので、定格電流一杯まで使用出来ます。
最も、そんな最大スピードを出すわけでも有りませんし、レイアウトの場合、最大8両編成
も入れればいっぱいです。
クローゼット内環状線はフル編成で10両程度ですし、分岐もないオーバル線の為、
スタンダートSでも十分の容量です。

流石に0.5Aくらいのパワーパックで室内灯装備の車両走行は難しいので、室内灯装備をお考え
の場合はパワーパックの増強も考慮して下さい。
電流容量に余裕が有ると、モーター車の走行性もより安定しますので、古いパワーパック
をお使いの向きには、パワーパックの更新をおすすめします。
常点灯はいいですよ!

そうそう、レンタルレイアウトの場合?
私がお伺いした事のあるレンタルレイアウトさんは最低でもKATOのスタンダートSを
使用されていますし、殆どのところはトミックスのN1001CLを使われています。
未だに、これ以下のスペックのパワーパックを利用しているレンタルレイアウトだと
走行そのものも安定性に欠くようなお店だと思いますので、私なら利用しませんね~
レンタルレイアウトと言う以上、ある程度の走行距離があるでしょうから、そんな小さい
容量のパワーパックは使えないと思いますしね~
余程古いお店でも、スタンダードSにしていますね、そんなところは別料金でN1001CL
を使わせたりしますが、もともとの標準の内容でまともなレンタル走行が出来ない
のなら、そのお店の客への姿勢の方が問題でしょうね~
満足して走らせられるからレンタルレイアウトに行くのだから?
そんなお店が潰れても、それは営業努力や顧客満足度を上げられない店主の問題ですね!
私の知っているところは、その辺十二分に考えて居られますからね!




送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
web拍手 by FC2

category: 自作 Nゲージ室内灯 LED

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/23 Thu. 12:00  edit  |  tb: --  cm: -- 

Nゲージ鉄道模型 自作室内灯について 

Nゲージ鉄道模型 自作室内灯について

自作室内灯というと、夕庵式室内灯が有名だと思います。
私も最初に室内灯を自作したものは、この方式を採用させて頂きました。
DSC_9774_Rs_2014101714472434a.jpg
夕庵方式のユニット、アクリル棒を取り付けての点灯テスト
自作室内灯の作成 前編 夕庵方式 ここから始まりました
この方式は、KATO製の客車車両全般に流用出来、大変良く出来たユニット
です。
小型のブリッジダイオード、定電流ダイオード(抵抗でも代替可能)と砲弾型
LEDを用いたものです。
PWM方式の常点灯コントローラーを使用する場合、10μFのセラミック
コンデンサーを並列で入れることで、常点灯化時のチラツキやノイズの吸収
をするというスグレモノです。

だだ、難点(個人的に)として、小さいユニットを大量に作るのは、結構肩が凝る
ということと、砲弾型LEDに導光材として、アクリル棒などを取り付け、車両
内を照らす形になり、その場合にどうしても配光にムラが出るという現象が発生
します。

この問題に対しての回答として、現在、非常に安く手に入れることが出来る
テープLEDが販売されています。
当初、5mの物が5000円近くし、一両に使う10cmだと100円程しており、純正
の室内灯ユニットに置き換える程の魅力が、手間暇分を考えると見つかりません
でした。
ところが、最近は価格が大幅に安くなり5mが600円台という驚異的な
安さの製品があり、こちらを使えば10cmが12~18円程度となり、他に必要な
ブリッジダイオード、セラミックコンデンサー等を含めても一両当たりに必要な
コストが70円程度と言う安さで出来ます。
その上、車両全体にむら無く配光出来るとなると、個人的には夕庵方式より、
テープLED方式の方に魅力を感じ、現在ではこちらを採用する事が多くなっています。
DSC_9917_Rs_20141017145058209.jpg
5mSMD600灯付いているタイプのテープLEDを最初にテストした際の写真
テープLEDの発光テストのリンク

また、夕庵方式だとトミックスやマイクロエース製車両への取り付け方法に悩むケース
が多いのですが、テープLED方式で有れば、基本的なユニットの構成は同一で
出来ますので、この点に於いても使いやすいと考えます。【車両に寄っては考慮が
必要な場合があります。】

室内灯の問題点として、チラツキがあります。
純正でも、自作でもコレは同様に発生します。
発生の原因はレールから取り込む電気が不安定になっている事が、最大の原因であり、
基本的な対策は、レールの清掃とレールが凸凹せず安定した路線で有ること、ギャップ
を極力少なくすること。
一番良いのは、ロングレールやフレキシブルレールでレイアウトを構築し、レールの
つなぎ部分は半田で平坦に接続することが理想だと思います。
コレはなかなか難しい話では有りますが!

車両側も長年走行させていると車輪や車輪から給電し車両内部に電力を導くパーツ部分
で細かいスパークによる焼けやススの様なもの、ホコリやグリスが付着したりという事が
発生し、集電不良と成ります。
この対策としては、車両側も定期的に分解メンテによる内部の導通部品の清掃は欠かせ
ません。

ただ、ここで一つの方法として、自作室内灯では、セラミック・コンデンサーを取り
付けています。
今現在10μFのセラミックコンデンサーを取り付けております。
PWM方式の高周波の電気の波を平坦化してノイズの除去と蓄電池としての瞬間的な
停電時に電力を供給することで、チラツキの改善を行うモノとなっています。

この対策をとっている車両でも、チラツキが発生する車両もあり、このセラミック
コンデンサーでは、瞬停では対応出来ても、もう少し長い停電の際には向いていない
のではと考えています。

その為、今後の実験として、コンデンサーの容量についても違う物を組み合わせて
みては?と考えています。


今、現在は、5mSMD300灯付きのテープLEDを使用して、上記動画の様な感じで
作成をしています。

今後も、より良い取り付け方法とチラツキの改善などに取り組めればと思います。






送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
web拍手 by FC2

category: 自作 Nゲージ室内灯 LED

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/18 Sat. 12:00  edit  |  tb: --  cm: -- 

Nゲージ鉄道模型 部品が届きました 白色LEDの開発は偉大だ! 

Nゲージ鉄道模型 部品が届きました 白色LEDの開発は偉大だ!

ちょっと最近バタバタと忙しくて、なかなか部品手配が出来ていませんでしたが
ようやく手配を、でもちょっと買い忘れもあり、まだ部品が足りません。

先ずは届いたものを、2012サイズのチップLEDです。
結構小さいですね~ 2.0×1.2mmサイズですからね 米粒みたいです。
チャント配線をはんだづけできますかね~ 
今回、ノーベル賞でブルーLEDが脚光を浴びていますが、ブルーが出来なければ
白色のLEDは出てこなかった訳で、また、量産化が成功したお陰で、こういうチップが
簡単に手に入るようになったのは凄いですね!
これ一粒50円ですからね!
昔から比べたら、安くて小さくなって、その割に光が強いのが凄いと思いますね!
OLY04404_R.jpg
CRDを追加 CRDは便利ですね 抵抗だといちいち計算が面倒ですが、CRDなら
一定の電流ですし、本当は容量の違うものを用意したほうがいいのかもしれませんが
今回も15mAにしました。
OLY04405_R.jpg
ブリッジダイオード 鉄道模型には必需ですね
OLY04406_R.jpg
で、今回はじめて買いました、電解コンデンサーです。50V4.7μFです。
何に使うかは、よくご存知だと思います。
どれ位効果が有りますかね~ 楽しみです。
後もう一つ、手配中のモノがダイオード 家に在庫が無くなっていたのを忘れていました。
ヘッドライトやテールライトには必要ですよね~ すっかり忘れてました。

これらを使ってボチボチと、秋の夜長を楽しみながら工作を出来ればなぁ~と考えています。


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!TAMIYA SHOP ONLINE鉄道模型ホビーサーチキャラ&ホビー格安あみあみ『駿河屋』フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ鉄道コム
web拍手 by FC2

category: 自作 Nゲージ室内灯 LED

thread: 鉄道模型

janre: 趣味・実用

Posted on 2014/10/11 Sat. 17:00  edit  |  tb: --  cm: --